アダルト・風俗情報局 エロガイダンス

ゲイであることを公表した

同性愛であることをカミングアウトすると周りの人から様々な反応が待っています。それは決していい反応だけではなく悪い反応もあります。カミングアウトと言ってもおもむろに「自分はゲイだ!」というわけではありません。これから話す事は公表する前に知りたかったと思った友人から聞いた事です。カミングアウトは正直疲れます。そもそも公表する必要がないかもせしれませんがみんなにわかってもらおうと打ち明けるしかないのです。公表すると「今まで辛かったね…」など心配してくれる人もいます。最初にカミングアウトした時は「これから自分はどうやって生きていこう」とまず考えました。友人は良い人ばかりではありません。ゲイである事は1つの個性であって他の要素は死んでしまいます。まず最初に誰にカミングアウトすればいいのか悩みましたが、やっぱり親でした。自分の中ではゲイであることが悪いことではないと考えていたので思い切って打ち明けました。正直、心の中では「お前なんかうちの息子じゃない」みたいなことを言われるかと思いましたが父は「まだお前の知らない事があったのか…知れてよかったよ。」と言ってくれたのです。親からこんな事を言われたらもうなにも恐くはありません。それからというもの次々に公表していき自分がゲイという事をみんなに教えました。またカミングアウトに終わりはないので新しい友人が出来ればまたカミングアウトしなければなりません。 以上がゲイであることを公表した友人から教えてもらった話です。その友人が教えてくれたゲイに大人気の動画配信ブログがめんず倶楽部です。