アダルト・風俗情報局 エロガイダンス

質入れと買取の違いとは

質屋に査定に持って行った事がある方は知っていると思いますが、質屋には質入れと買取と言うシステムが存在します。どちらもメリットがありデメリットがあります。今回は質入れと買取の違いについてご紹介していきたいと思います。まずは質入れです。質入れのメリットは大切な物を手放さなくて良いと言う事です。お金は必要だけどその商品に愛着があったり、思い出があったりで手放したくない方も多いと思います。そんな時は質入れをして利息を払っていけば商品は自分の物のままですし、商品の金額を払えば自分の手元に戻ってきます。質入れをしている間はお店の倉庫でしっかりとしまっているので汚れたり、盗難されたりする心配もありません。買取してもらった後に後悔したときにもまた買い戻すと思った時には売った時よりも当然のごとく高くなります。安い値段で手元に戻せるので、「商品を売るのに未練がある…」と言うの方には質入れがオススメです。そして次は買取のメリットです。買取のメリットはまず質入れより高い金額で査定してもらえると言う事です。質入れだと保管をする為の手数料だったり、保管中に商品の相場が下がってしまうと言うリスクもあるので査定金額は質入れより買取の方が高く買い取ってもらえるケースが多いです。そして手元には戻って来ないのでもう使わない商品や、型落ちのブランド品の断舎利などにはオススメです。自宅に使わないブランド品があって使わないって言う方にはぴったりだと思います。そして最後が返済期限を気にしなくていいって言う事もメリットです。質入れは利息を毎月支払いしないといけないので毎月の期限は気になってしまいます。もしすぎてしまいお店のものになってしまうと買取より低い値段で査定されたのでその分損した気持ちにもなります。どちらもメリット、デメリットがありますが、買取専門店や、リサイクルショップと違い、質入れと買取のどちらか選べるのが質屋の良いところです。気になった方は近くの質屋に足を運んでみてはいかがでしょうか。